ポンコツギターの再生

ヤフオクで購入した安物FORMESTAR再生の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

現状確認と「これからどうする?」

さて、現物が届きました。

DSC00391s.jpg

うぅむ、やっぱり予測したポイントは予測どおりだったなぁ。他にも欠品箇所多数。
フレットが無いんじゃ、自分で打ち込むより買っちゃったほうが早いかも。

…と、ここまで書いて思った。
「自分はどうしたい?」

確かに正常に演奏できる状態に復元することだけだったら、金をかけりゃ
なんとでもなる。極端な話、「全交換」すりゃ使える状態になるだろう。
そんなことして面白いか? 否。

ゴミ同然の状態で、ゴミ扱いの価格で扱われていたギターを、マトモな状態に
してやりたい。それが動機だったワケだ。
方針は決まった。


・「現状パーツは最大限使う」
・「交換は極力避け、不足する部品の補充を主とする」
・「代替部品がセット状態で、現状のギターに組み込むと性能の低下を招く場合のみ、
  現状パーツの撤去を可能とする」


それから:

・「機能向上をもたらす改造は可とする」


としておこう。ちょっとはそういう楽しみが無くちゃ、ね。
せっかくピックアップが S-S-H 配置なんだし、タップスイッチを加えたりも改造の王道。

それじゃ、次から現物の詳細チェックと「実施内容」「必要な部材」のリストアップだな。
--
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。